グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


三島進学ゼミナールの指導


ホーム >  三島進学ゼミナールについて >  三島進学ゼミナールの指導



指導方針

責任を持って指導できるクラス担任制

教育の根底に必要なもの、それは生徒と教師との「信頼関係」です。特に各科目の学習内容が難しくなる中学部では、生徒たちの得意不得意を把握した上で適切な指導を施す必要があります。その責任を担うのが、「クラス担任」なのです。

三進は教師もド根性!

三進の教師は、生徒一人ひとりの可能性を高めるため努力を惜しまず、厳しくとも魅力ある授業を目指し、日々研鑽を重ねています。 丁寧且つわかりやすい説明で原理原則の根本理解を図り、さまざまな問題演習にあたることで確実な定着を生み出します。

生徒の定着を第一と考え確認テストを実施

「わかる」と「できる」は別ものです。「できる」かどうかの確認にはテストが不可欠。わからないなら、わかるまでとことん生徒に教えるのが三進流。だから、単元テストで合格点に達していない生徒には追試ややり直しにより、定着をはかります。妥協はさせません。

習熟度別クラス編成 ※実施していない校舎もございます。

中学部では、習熟度別のクラス編成で授業を行っています。生徒各人が自分の学力に応じた授業を受けられるため、ついていけずに投げ出してしまう生徒や、逆に退屈してしまう生徒もいません。ただ、どのクラスであっても、基礎の定着はおろそかにはしません。 また、クラス替えのテストは、年に2・3回行います。生徒が目標を持ち、やる気を出す原動力になっています。

地域の実情に応じた指導

各中学校の実情、地域的な特性をしっかりつかみ、それらに応じた教育を進めることを心掛けています。ですから各学校の授業進度、定期テストなどの日程に応じて授業内容を構成していきます。

高校部での指導

ハイスクール@willは、韮山校、三島駅前校、沼津駅南口校、沼津東高前校、御殿場校(佐鳴予備校内)、富士本部校、富士高前校の7校舎にて、さなると共同運営をしています。高校生は、それぞれの志望する大学に向けて、個別のカリキュラムで勉強しています。そのため、部活動や学校行事がハードであっても、受講時間や受講曜日などが選択でき、充実した高校生活がおくれます。また、各校舎の担任が、カウンセリングやアドバイスを定期的に行い、現役合格に向けてサポートしています。

小・中・高 一貫指導

三島進学ゼミナールは、2016年3月より、小・中・高 一貫指導を本格的にスタートさせました。
対象は小学1年生から高校3年生までです。
「原理原則の根本理解」と、「幅広い知識の定着」を目的とし、算数・国語・英語の学習指導をしています。加えて、小学1年生から小学4年生を対象にサナスタ(学習の面白さを追求した「勉強好き」の好循環を生み出すシステム)を、小学1年生から小学3年生を対象に BE studio(英語の基礎を楽しく学ぶ)を実施しています。
高校受験に向け、通常授業・各種特訓を行っています。知的好奇心を育み、授業内容の根本理解を目的とした通常授業に加え、内申点アップのための定期テスト対策、実力アップのための学調対策・入試対策を行っています。
ハイスクール@will(アットウィル)では、現役大学合格を最終目標とした指導を行っています。生徒たちは、個別に受講曜日、受講時間、受講科目とそのレベルなどを選択でき、自習室も完備しているため、充実した高校生活を送っています。もちろん、部活と勉強の両立も出来ます。

最強の教師陣の紹介