グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


中学生 平日本科


ホーム >  中学部 >  中学生 平日本科


通常授業

英語・数学を中心に、理科・社会・国語の5教科指導を行っています。英語・数学は継続的な学習が不可欠な科目であり、積み重ねて学習することで次学年の履修内容に良い影響をもたらす教科のため、充分な時間を確保しています。

英語

「読む・聞く・話す・書く・」の4技能をバランスよく鍛えることが必要です。それは、高校入試・大学入試で必要なのは勿論のこと、子どもたちが、将来社会に出たときに求められる大切な力です。従いまして、英語の授業では、基本的に週2回のリスニングの時間も確保しています。また、「言い換え練習」など英語を繰り返し発音することにも重きをおきながら、4技能を鍛える総合的な指導を行っています。

数学

公式を暗記し、問題の解法を伝えるだけにとどまらず、公式の成り立ちから説明する丁寧な授業展開によって根本理解を目指しています。また、基礎力から応用力までを養うための充分な演習量を確保しています。そして、目の前の問題に対して、粘り強く考える力も育んでいます。考える楽しさ・できる楽しさを追求しています。

理科・社会

各中学の進度を考慮し、定期的に実施します。基本語句の定着、原理原則の根本理解、演習時間の確保によって実践力強化を図っています。また、電子黒板により、映像で楽しく・分かりやすい授業を展開しています。各中学の定期テスト前には、過去問分析に裏打ちされた対策授業を、それぞれの中学の範囲に合わせて実施し、十分な演習を行います。

国語

各中学の進度を考慮し、定期的に実施します。定期テスト前には、各中学の定期テスト範囲に合わせて対策授業を行っています。時には、土曜日・日曜日などに特別授業を行うこともあります。漢字から文法、文章読解まで徹底的な問題練習を行い、学習内容の定着を図ります。

単元テスト

知識の定着のため、単元テストを実施しています。十分な理解のないまま次の単元に進んでしまうと、大きな落とし穴が待っていることがあります。また、学習内容をまとめて一気に復習しようとすると、あまりの分量に気が滅入ってしまうこともあります。日々の学習内容を理解することで、学習成果を上げます。また、この努力は出来るまで諦めない三進のスローガン「ド根性」精神の礎になっています。

定期テスト対策

三進では、各中学の定期テスト前に、その対策授業を行っております。各中学の範囲を事前に調査し、その範囲に合わせた演習中心の対策授業です。さらに、出題傾向や過去の問題を研究し、頻出する問題を精選しています。授業時間の追加がありますが、定期テスト対策に関しての追加費用はいただいておりません。

全国実力考査・静岡県進学模試

中1~中2は、全国実力考査・中3は、春に1度全国実力考査・夏からは、県下最大規模の静岡県進学模試に参加します。志望校内での自分の順位や合格可能性がわかり、確かな学習の指針となります。また、受験後に配付する類題によって、更なる学力アップを目指します。

豊富なデータを元に的確な進路指導

詳細なデータに基づく個人成績票で、一人ひとりに受験に向けた的確なアドバイスをします。また、ご希望があれば、生徒との個別面談・保護者の方を交えた三者面談を随時実施しております。中3生は夏と秋には保護者の方を交えて三者面談を実施しています。

受験を見据えた入試対策

中3は、夏休みには夏期特訓。冬休みには冬期特訓を行い、受験を見据えた徹底指導で実践的な力を養います。1月・2月は入試対策授業を行い、受験本番に向けて、ラストスパートの態勢に入ります。
新中1・2生
来年度(2022年度)時間割
2022年3月より、新中1・2生の時間割を以下のように変更します。

2021年度 時間割例

2週間単位480分

英語:60分×3回
数学:60分×3回
理科:60分×1回
社会:60分×1回
国語:(テスト前の対策で実施)

2022年度 時間割例

2週間単位540分

英語:45分×4回
数学:45分×4回
理科:45分×2回
社会:45分×1回
国語:45分×1回


変更理由
①【授業時間の増加】 学習指導内容の増加に伴い、授業時間を増やし、より多くの問題を扱うことで学力の定着を図ります。
②【英数における学習の習慣化】 英語・数学は特に積み重ねが大切です。回数を増やし、さらなる学習の習慣化を図ります。
③【国語を定期的に実施】 授業時間を増やし定期的に実施します。説明文や物語文はもちろん、文法や古典まで幅広い内容を扱うことで国語力アップを図ります。
④【理科の重要単元の強化】 中1では「光・音・力」「地震・地層」「状態変化・水溶液」 中2では「化学変化」「電流のはたらき」など難度の高い単元が続きます。従いまして、学習時間を増やし、より高度な問題へ対応できる力を養います。

※5教科の授業を定期的に実施することで、学力を強化します。また知識の定着を図り、各中学の実情に合わせた充実した学校別定期テスト対策や高校入試に向けての早めの対策を行います。尚、週末の特別授業や追加のテスト対策は今まで同様実施してまいります。ご期待ください。

新中3生
来年度(2022年度)時間割
2022年3月より、新中3生の時間割を以下のように変更します。

2021年度 時間割例

2週間単位720分

英語:60分×4回
数学:60分×4回
理科:60分×2回
社会:60分×1.5回
国語:(随時)

2022年度 時間割例

2週間単位810分

英語:45分×6回 
数学:45分×6回
理科:45分×2回
社会:45分×2回
国語:45分×2回


変更理由
①【授業時間の増加】 学習指導内容の増加に伴い、授業時間を増やし、より多くの問題を扱うことで学力の定着を図ります。
②【英数における学習の習慣化】 英語・数学は特に積み重ねが大切です。回数を増やし、さらなる学習の習慣化を図ります。
③【国語を定期的に実施】 授業時間を増やし定期的に実施します。説明文や物語文はもちろん、文法や古典まで幅広い内容を扱うことで国語力アップを図ります。
④【社会の授業数増加】 高校入試における社会の得点比率は他教科同様5分の1を占めます。幅広い知識の定着と記述問題などを解く力を養います。

※5教科の授業を定期的に実施することで、学力を強化します。また知識の定着を図り、各中学の実情に合わせた充実した学校別定期テスト対策や高校入試に向けての早めの対策を行います。尚、週末の特別授業や追加のテスト対策は今まで同様実施してまいります。ご期待ください。

静岡県東部地域 2021年度 公立高校 合格実績