グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


定期テストを振り返り、学習の見直しをしよう


ホーム >  下土狩校 ブログ >  定期テストを振り返り、学習の見直しをしよう

中学校、年内最後となる期末テストが終了しました。準備万端で臨んだと思っても、思うような結果がでなかったり、成績がなかなか伸びなかったりする人もいるのではないでしょうか。そんな人は、もう一度自分の勉強を考え改革してみましょう。

多忙なほど勉強ははかどる
勉強しているのに成績が伸びない人は自分が質の高い勉強をしているのかということを考えてみてください。ただ机に向かうことが「勉強」ではありません。何時間勉強しようが、実力がついていなければ無駄な労力になってしまいます。部活・生徒会・習い事等、目の回るような忙しさの人もたくさんいるでしょう。忙しすぎて勉強をする暇もないと思うかもしれませんが、実は多忙なほど勉強ははかどります。無駄な時間を費やしている時間がない程忙しいため、わずかな時間、追い詰められた時間に集中力が研ぎ澄まされます。忙しいことをチャンスと考えましょう。

無駄のない勉強をするためには
ではどうしたら高得点が取得できるかを考えてみましょう。当たり前ですが、正解の数を増やせば点数は伸びます。
しかし、注目するのは正解の部分ではなく、間違った箇所なのです。すでに正解の部分を勉強してもマルの数が増えるわけではなく、不正解の部分を正解に変えてこそ点数が上がるのです。問題集を解くという作業は不正解の部分を見つける作業です。テストの範囲を一通りやってみることによって、これから勉強しなければならない問題、やらなくてもよい問題を選別します。正解の問題ではなく、不正解の問題だけを徹底的にやり直しましょう。

勢いに乗って勉強しよう。
机に座ってペンを走らせたり、教科書を開いたりすることが本当に勉強になっているのでしょうか。
自分の勉強が形だけになっていないかを今一度考えてみましょう。テスト勉強は言ってみれば学習の最終段階です。ここでは実際に問題を解くことが有効になってきます。この段階でノートをまとめるということは気休め程度にしかならないのです。また、勉強を始めると、次第に調子が上がってきたと感じる時があるでしょう。そんな時は勢いに乗ってやってしまいましょう。決められた時間勉強するのではなく、勉強するのに最高の精神状態になった時に一気に勉強を進めましょう。
テスト勉強とは自分との戦いです。集中せざるを得ない状況に自分を追い込めばそれだけ集中できるというものです。いつも明日がテスト当日というくらいのつもりでいれば、集中して有効な勉強が出来るかもしれません。
以上、勉強方法の見直しについてお伝えしました。一部でも参考にしてもらえれば幸いです。 
下土狩校 内山裕隆