グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


環境で人は変わる!


ホーム >  沼津間門校 ブログ >  環境で人は変わる!

江戸家子猫さんという動物の鳴きまね芸人をご存じですか?先日テレビのトーク番組で見事な芸を披露するとともに、どうやって芸を身に付けたか語っていました。
父親の故江戸家猫八さんも鳴きまね芸の第一人者だったので、さぞかし子供のころから芸を仕込まれたのだろうと想像していましたがさにあらず、親からは何も教わらなかったそうです。いくら親子でも口の形や歯並びなどが違うので声の出し方は人によって違うため教えられないということです。いろいろ試してみて、どうしたらどのような音が出るかを自分で発見するしかないのだそうです。つまりこのような才能は遺伝するわけではない-親から子へ自動的に伝わるようなことはないのです。
子猫さんは父親のように鳥などの鳴きまねがしたいと思い、練習に練習を重ねだんだんできるようになったと言います。父が鳴きまね芸人じゃなければ子猫さんが同じ芸を身につけることはなかったでしょう。たまたま身近な人間が芸人だったという環境と、自分も真似したいという願望とが合わさったとき、それが努力を続けられるパワーの源になったようです。
中1の理科の教科書を見ると『植物は環境によって姿を変える』という記述があります。同じ種類の草木でも生える場所などによって高さや太さにおのずと差が出てくるのです。これは子供たちにも言えることではないでしょうか。三進には前向きに勉強できる環境があります。何でも質問できる先生、刺激しあえる同じ学校の、また違う学校の子どもたち。あとは生徒さんが、成績を上げたい学力を伸ばしたいという願望を持つことが大切です。それが学習に取り組み続けるモチベーションになるのですから。
沼津間門校 日下 英治