グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


嬉しい出来事


ホーム >  沼津間門校 ブログ >  嬉しい出来事

10月は嬉しい出会いが2度もありました。
1度目は、ある飲食店での出来事です。メニューが決まり食事を頼むために定員さんを呼んだときです。「敦雄先生ですよね?」マスク越しに彼が話しかけてきました。不意だったので、最初は戸惑いましたが、「以前、三進でお世話になっていた○○です。」と名前を言われ、大人になった顔に、昔の面影を思い出しました。彼は現在大学生で、将来は医療系の仕事に就きたい。今は、学業の合間の時間を使用して、この店でアルバイトをしていることを教えてくれました。中学生時代は控え目で口数が少ない雰囲気であった生徒が自分の将来を目を輝かせて語っている姿に大きな喜びを感じました。
2度目は、小学生の送迎をしている時のことです。セーラー服を着た生徒がかけ寄って来ました。お父さんと車で校舎の前を通る時に、入り口に立っている私を見つけたから来てくれたとのことでした。彼女は現在高校2年生、中学の時から目標にしていた教員になるために、現在日々奮闘をしていることを話してくれました。夏に実施した模試では、○○大学の合格判定はAだったということをうれしそうに話してくれました。
この2つの出来事はとても嬉しかったです。それは、2人ともが、将来のことを楽しそうに、充実した表情で話してくれていたからだと思います。私たちの仕事の1つは、生徒達の目標の実現への手助けです。自分が小中学生時代に関わった生徒が、今、夢に向かって頑張っていると思うと、とても充実した気持ちにさせてもらうと同時に、改めて身の引き締まる思いになりました。
11月には各中学で2学期期末テストがあります。そして12月、中3生は第2回学力調査です。生徒たちの目標実現のために、精一杯指導していきます!

沼津間門校 杉山敦雄