グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


中3夏期スペシャル特訓、実施しました


ホーム >  沼津間門校 ブログ >  中3夏期スペシャル特訓、実施しました

8月14日(金)~16日(日)で、1日10時間のスペシャル特訓を実施しました。合言葉は「限界突破」。実施前、10時間も勉強できるか不安に感じていた中3生たち。
しかし、スペシャル特訓実施後はその不安が払拭されたようです。
私は、高校入試を、スポーツにたとえて生徒達に話をすることがあります。それは、「高校入試は個人競技であるが、普段の三進の授業は団体戦である」ということです。眠い時、くじけそうになるとき、隣でがんばっている仲間を見て頑張れることがあります。また、成績が上がらずに悩んでいる時、同じ気持ちの仲間がいるかもしれないと考えることで気持ちが軽くなったりすることもあります。
今回の、スペシャル特訓は、まさに団体戦、長い時間を共に奮闘したことで、「共に入試を乗り越えていく」仲間たちとの関係性が強くなったと私は感じました。

沼津間門校 杉山敦雄

【中3スペシャル特訓感想】

・スペシャル特訓はとても、長く感じました。だから終わったあとからすごくやりきった感がありました。全員で1日目と3日目にド根性Tシャツを着てやったことも面白かったです。このスペシャル特訓で勉強耐力がついたと思います。

・普段長時間続けて勉強することが少なかったので、今回の特訓は受験に向けて勉強するくせをつける良い機会になりました。参加して本当によかったです。

・私は、これまでに1日にこんなに長く勉強したことがなかったと思います。1人だったらやりきれなかったと思うし、集中力も続かなかったと思います。だから仲間の大切さを感じられたし、自分の限界を知るきっかけになりました。

・僕は本当にスペシャル特訓の3日間で今までにないくらい頑張ることができました。今勉強を頑張らなければならないときなので、全力で頑張っていきます。

・今年の夏休みはたったの10日間でしたが、スペシャル特訓があったので少し長く感じて、なんだか得をした気分です。1日にこんなに勉強できたので、家でも10時間まではいかなくても、空いている時間を見つけて勉強する習慣をつけていきたいと思います。