2019年3月20日

準備するとはどういうことか。

 3月14日(木)、高校入試の合格発表の日、ささやかながら校舎にて、進学パーティーを実施いたしました。生徒たちはそれぞれ、この1年間『準備』してきたからこその、晴れやかな表情になっていました。 ところで『準備』という言葉についてですが、似た意味として『用意』・『支度』という言葉がありますね。なんとなく使い分けていたりしましたが、改めて辞書で調べてみました。
■準備:ある事をするのに必要な物や姿勢をまえもって整えること。用意、支度。
■用意:意を用いること。心づかい。注意。用心。準備。支度。
■支度:準備すること。用意すること。
一見すると似たような意味で、どの言葉を使ってもいいような気がします。しかし、どれでも使えば良いというわけではありません。食事を例に考えてみましょう。
■「食事の準備をする。」…何かの食事会に向けてスケジュール管理から進めているイメージが湧いてきます。
■「食事の用意をする。」…必要な物がはっきりしていて、心をこめてそろえているイメージでしょうか。
■「食事の支度をする。」…上の2つに比べると、そこにある物でぱっと作っているイメージですね。
 おそらく、準備>用意>支度ということではないでしょうか。おや?そう考えると辞書の意味で出てきている順番にも優位性がありますね。支度より用意が先、支度より準備が先、用意よりも準備が先に記載されており、準備>用意>支度ということになります。つまり、「準備」は整える幅・範囲が広いです。また取り組む姿勢といった精神的な部分まで含まれます。「用意」は、整えるものの範囲が具体的にはっきりとしています。「支度」はより範囲が狭く、身の回りのことについて使うようです。もやもやとしていた気持ちがなくなったところで、勝手ながら合格発表の話に戻らせていただきます。生徒たちにとって、高校入試という意味では終わりを迎えたことになります。ただ、それは同時に新たなる高校生活のスタートを意味します。大学受験に向けての 『準備』を今から進め、自分の夢に向かっていく生徒たちをこれからも応援していきます。

かわせみ校 森下謙太郎

2019年3月8日

学年末テスト結果

2019年2月19日

最後の最後は神頼み!?

 いよいよ今年度の公立高校入試も迫ってきました。開校2年目であるかわせみ校の生徒たちも、去年同様頑張っており、ラストスパートに励んでいます。そんな頑張っている生徒たちに授業以外で何かしてあげられることはないだろうか・・・・・・????
(ということで・・・)行ってきましたぁ!
『湯島天満宮!』
 東京都文京区にある湯島天満宮(通称:湯島天神)には学問の神様「菅原道真」が祀られています。『最後の最後は神頼み!?』とは言ったものの、地に足をつけてしっかり取り組めれば、まだまだ学力をアップさせることはできます。受験生のみなさん、最後の最後まであきらめることなく真っ向勝負をし、ぜひ『高校入試』を成功させてください!

かわせみ校 森田直人

2019年1月26日

かわせみ校学年末対策

 高校入試まであと42日、中3生は入試に向けてよりいっそう気合を入れて頑張っています。中1、中2生もこれからすぐに学年末テストがやってくるため、気を抜けません。今回かわせみ校では、学年末に向けてのテスト対策で「三本の柱」を打ち立てました。
 理科社会帰れま10・補習・そして、初の試みである“5教科Preテスト”です。“5教科Preテスト”では、学年末テストの試験範囲にあわせたテストを行います。自分の弱点を知り、その後のテスト勉強で見直しが必要な箇所だけを効率よく勉強することが目的です。
 部活や習い事で忙しい中学生もたくさんいますが、限られた時間だからこそ効率の良い勉強を心がけ、平成最後の学年末は、これまでの最高得点で有終の美を飾りましょう!

かわせみ校 関根優介

2019年1月25日

中1学力診断調 北上 TOP3独占!