2019年9月18日

富士宮校学調結果速報

2019年9月10日

きれいな花が咲きました。

 夏休みが終わりました。
三進の夏は、中3の100時間夏期特訓が有名です。6月の広告チラシには、大樹の絵があり(@)、その枝の先の葉には、中3が夏期特訓で学習する単元が載っています。キャッチコピーは、「これを全部やるんですか?やるんです!」です。富士宮校では、この絵を教室に貼り、授業した単元に手作りの花を付けていきました。
その上に、次の言葉を添えておきました。
「冬来たりなば春遠からじ」
つらい時期を耐え抜けば、幸せな時期が必ず訪れるということわざです。

 そして、最終日。
最後の花を飾り、三進の夏のメモリーツリーは満開になりました。
我々教師も生徒もやり切った満足感でいっぱいです。



生徒のみんなは、100時間の授業、テストや宿題の毎日を過ごしてきました。きっと楽な日々ではなかったはずですが、夏期特訓後に生徒達が書いた感想はこんな内容でした。

◎最初100時間と聞いたときは、自分にやり切れるのかと思いました。でも、あっという間に終わってしまいました。三進で勉強することで、勉強する習慣がついたと思います。
◎解けなかった問題が解けるようになり、しっかりと結果が出ていることに喜びを感じました。
◎授業後、自習室を使って塾の宿題を終わらせ家に帰ることで、家では自分の勉強を進めることができました。
◎1番の感想は、楽しかったということです。塾は堅いイメージでしたが、先生は面白く、毎日楽しく授業を受けることができました。少しずつ分かるようになり、勉強も好きになりました。
◎塾の友達ともさらに仲良くなり、互いに教え合い、刺激し合うことでやる気と負けたくないという思いが出てきました。
◎今まで以上に全力で真剣に勉強に向き合っていきたいと思いました。

夏前よりもたくましくなった生徒達が頼もしくも思えてきます。特訓は終わりましたが、受験勉強は始まったばかりです。ここで実らせた花をもっともっと多く、そして美しく咲かせていきましょう。来年の春にみんなの笑顔が満開の花のようになることを願っています。

富士宮校 日比 剛

2019年8月7日

○○博士になろう!

 みなさん、夏休みになり1週間ほど経ちますが、宿題は進んでいますか? 夏休みの宿題で一番苦労するのは、やはり自由研究ではないでしょうか。朝の某情報番組では、8割以上の親が自由研究を手伝っているというデータも出ていました。自由研究で悩むのは今や生徒たちだけではありません。そもそも、研究とは何なのか、調べてみたところ、「物事をよく調べ、考えること」とありました。いろいろ調べて詳しくなっていくと、そのことについて話したくなったり、もっともっと知りたくなります。それが研究になり、その道のプロフェッショナルにつながっていくのではないかと思います。
 そんな思いもあり、先日小学生の親子を対象に『自由研究相談会』を実施致しました。会の目的は大きく2つで、1つはテーマを決めること。2つ目は、ノートのまとめ方を学ぶことです。自由研究の実例をもとに、書き方のレクチャーをしていきました。
 テーマを見つけるときに重要になるのは、「結果が出せるものか」「最後まで自分でできるか」です。その条件を満たし、かつ「身近なもの」で、「何度でもトライできるもの」が好ましいです。そして、普段から疑問に思っていることをテーマにしたり、学校で習ったことをさらに調べたりとテーマは多岐にわたります。理科だけでなく、社会や家庭科、国語など教科もさまざまです。
・・・こんな感じで会は進んでいきました。最後には、各分野のテーマをいくつか紹介していきました。その中から選んだ子もいれば、会の中で思いついたことをテーマにしている子などさまざまですが、参加した全員の子がテーマを決めてくれました。
 会の中では、皆さん一様にメモを取ってくださり、自由研究に対する真剣な姿勢が見られました。せっかくの長い休み、いい自由研究にして、やり切った1つの思い出にしてほしいですし、その研究がきっかけとなって、将来に役立つようになればと思います。

富士宮校 日比 剛

2019年7月15日

富士宮の本棚

 富士宮校には1階に読書コーナーがあり、自由に借りることができます。この4月から読書コーナーを新しくしましたが、日に日に本を借りていく生徒が増え、用意しておいた貸出表があっという間に名前でいっぱいになってしまいました。実はこの本棚には、教師の家の本棚から持ってきた本が何冊も含まれています。その本の中身はというと、ふだん文系を担当しているわたしの本は圧倒的に小説が多いのに対して、日比先生は理系だけに数学や理科に関する本が多いのですが、いろいろなジャンルの本を持ってきています。本棚を見るとその人がわかるなどといいますが、日比先生の博識さが垣間見えます。
 さて、この文を書きながら、「読書をするのはなぜ良いのか」という学生時代に授業中に聞いた話をふと思い出しました。「読書をすればもちろん知識は増える。でも一番重要なのは、人は生きている間に経験できることは限られているが、読書は本のなかでいろいろな経験ができる」という話でした。それからわたしはいろいろな本を読むようになりました。今後も生徒たちにはどんどん本を借りて、もっともっとたくさんの本に触れてほしいと思います。 書店に行くと夏の文庫フェアが展開されている時期になりました。長い夏休み、じっくり本を読むにはもってこいですね。そして読書感想文の時期でもあります。そこで三進富士宮校では8月3日に「読書感想文 書き方講座」を実施します。どんなことを注意して書けばよいかをレクチャーします。また7月20日には「自由研究相談会」、そして7月30日からは「夏セミナー」「中3夏期特訓」が始まります。夏の勉強はこれでバッチリ。夏の三進にご期待ください。

富士宮校 鏡 真仁

2019年7月5日

6月テスト結果速報第2弾!

2019年6月19日

文化祭に行ってきました!

 先日、高校の文化祭に行ってきました。富士高校、富士東高校、富士宮西高校、吉原高校によらせてもらった中で特に印象に残っているのが、富士高校です。正門に吸い込まれていく人の数、敷地内の人の賑わい、富士高生にも盛り上げも素晴らしいものがありました。校舎の外では、フランクフルトやタピオカミルクなどの模擬店、軽音楽部(?)の演奏、野球部の対外試合、校舎の中では、茶道の体験(写真@)、小動物とのふれあい(写真A)、折り紙によるパフォーマンス(写真B)などなど。小さな子供から大人まで飽きさせないものばかりでした。
 注目を集めていたのは、応援団です。精一杯の声を張って、一生懸命応援する姿には、心を打たれました。高校ごとにそれぞれの特色が出ており、練習の成果、努力したことがよく表れていると思いました。富士宮の生徒たちには、「自分の興味のある高校に行ってみるといいよ。」と言ってましたので、たくさんの生徒や保護者に会いました。高校のイメージが少しでもわいたのではないかと思います。富士高校に入った教え子にも会い、頑張っている声をたくさん聞かせてくれました。「数学で○○位を取りました!」「写真部に入りました!」など、高校生活をエンジョイしている姿に嬉しく思うと共に頼もしく感じました。そういった生徒をたくさん高校や大学に輩出していきたいですし、先輩の声を富士宮の生徒たちにしていきたいと思います。来年の文化祭も楽しみです。

富士宮校 日比 剛

2019年5月21日

富士宮校 イベント第2弾!

 先日、小学生対象の理科実験を行いました。
今回のテーマは「エッグプロテクション」。卵を落としても割れないようにするミッションです。使えるのは、画用紙のみ。自由な発想で工作し、卵を守る。単純だけど、奥が深い。 割れないようにするには、落ちたときの衝撃をどれだけ小さくできるか、それを一緒に学んでいきました。落ちるスピードを小さくする工夫、ばねのように衝撃を和らげる工夫、わざと壊れる場所を作り衝撃を消す工夫。
 さぁどうやって守ろう??みんな「ああでもない」「こうでもない」と悩みながら画用紙にハサミを入れていきました。箱を作って、その中に輪を作ってみたり、大きい円錐を作ってみたり、約40分間、工作をしました。さぁ、それでは実際に約2mの高さから落としてみよう!椅子の上に立って、カウントダウン「3」「2」「1」、手を離す、卵を確認・・・。「割れてない!」「成功!!」約半分の子どもたちが卵を守り切ることができました。おめでとう!今回、クリアできなかった子は、いい考えがあれば教えてください。
 三進生だけでなく、今、塾に通っていないお友達もたくさん参加してくれてありがとうございました。次の理科実験は、7月7日(日曜)、お楽しみに!

富士宮校 日比 剛


作ってみよう!
実際に落として
みると…

2019年4月10日

2019年度富士宮校イベント第一弾!

 4月7日は全国実力考査でしたが、テスト終了後のお楽しみとして理科実験教室を開催しました。
 今回は重曹を使って入浴剤をつくりました。重曹(じゅうそう)とはどんな物質なのか、まずはSee-beの映像で確認しました。その後、酸性の物質と反応すると二酸化炭素が発生することを実験し、その反応を利用した入浴剤をみんなでつくりました。重曹など、材料を正確にはかり、混ぜ合わせます。そして、自分の好きな色で着色。好きな香りを入れ、押し固めて乾燥させて完成です。みんなどの組み合わせにしようか真剣に悩んでいました。
 完成した入浴剤をお湯の中に入れてみると勢いよく泡が発生し、「おーっ」という歓声とともにローズマリーの良い香りがしてきました。案外簡単な材料でできるものですが、重曹(炭酸水素ナトリウム)、クエン酸の化学反応です。身近な化学のふしぎをこれからもみんなで学習していきたいと思います。次回のイベントをお楽しみに!

富士宮校 鏡 真仁


材料
みんな一生懸命混ぜています

完成形
とても良い香りです

2019年3月16日

喜びの声!

 合格、進級おめでとうございます。富士宮校から富士高校7名、富士宮西高8名の合格者が出ました。今までやってきたことが実り、結果として表れてきたのだと思います。 先輩たちの喜びの声を紹介します。これから受験を迎える後輩の皆さん、先輩のアドバイスを実行していきましょう!

富士高校普通科合格 富士根南中 吉野慎平さん
 僕は三年生の一学期の後半に入塾しました。始めの方は勉強のスイッチがなかなか入らず苦戦していました。ですが、夏休みの夏期合宿に参加したことで長時間勉強することに対しての耐性をつけることができました。それからは勉強に取り組む姿勢が変わり、塾がない日も自習室に自ら赴き毎日コツコツ勉強をするようになりました。その後、順調に学力も上がっていきました。僕は志望校合格という結果を受けて、三島進学ゼミナールに入塾して最高の友達と先生に出会えて本当に良かったと思います。そのような機会を与えてくれたことを本当に感謝しています。

富士宮西高校普通科合格 富士宮第二中 柴田芽依さん
 合格発表の前まではそわそわして、緊張していましたが、夏休みの合宿や日々の授業で頑張ってきたことを思い出して最後まで自分の力を出し切ることができました。辛いことや苦しいことの方が多かったように思えますが、この仲間だったから、この二人の先生だったから、この校舎だったからこそ、のりこえることができたなと思いました。6年間も通い続けた校舎とお別れをしなければならないのはさみしいですが、自分の力で勝ち取った新しい未来なので、また新たに頑張っていきたいと思います。

2019年3月9日

入塾2ヶ月でこの成長! 2月定期テスト結果!