2018年6月30日

努力の成果を見てください!!


2018年6月28日

一週間続く電車の旅

今回は私が経験したシベリア鉄道旅行をお話ししましょう。

皆さんは「一週間乗り続ける電車」と聞いてどんな電車を思いつきますか。
シベリア鉄道は、ロシアのシベリア南部を東西に横断する鉄道です。厳密にはチェリャビンスクという町から東の鉄道部分を指します。一般的にはモスクワからウラジオストックまでの9297kmの区間で(富士駅から東京駅までは直線距離で約120km)、1891年着工、1897年イルクーツク〜ハバロフスク間を除く区間が完成しました。全線開通は1916年で、1937年全線複線化(上り列車用と下り列車用にそれぞれ1線ずつにすること)、1953年以降は電化が進められ、現在は大部分が電化になりました。さらに路線の北方180〜500kmにはバイカル〜アムール間全長3145kmのバイカル・アムール鉄道(第2シベリア鉄道とも呼ばれます)がシベリア開発を目的として敷設(ふせつ)され、1989年営業を開始しました。

 一週間の旅で、食べ物や飲み物、言葉や服装をはじめ気候や治安、人々の体格、交通など多くの違いを実感しました。印象深かったことはアイス(ソフトクリームに似ている)が各駅で7,8人くらいの売り子さんによって(もっといたでしょうか)、線路わきで売られていたこと、夏だったにも関わらず、服装が日本の秋から冬にかけてよく見られる少し暗い印象の服だったことなどです。優しい人たちとも接する機会(ジャガイモをとなりの席の方にいただきました)がありました。
シベリア鉄道は、日本でも映画や舞台、歌の題材として使われているので、周りの人に聞いてみても面白いかもしれません。さて、この話をはじめ、授業では、自分自身で経験することの楽しさを伝えています。夏の授業でも、いろいろな場面でお話ができればと思います。

富士駅前校は、各中学の定期テスト対策がいったん終わり、各中学でテストが返ってきている頃ですね。はじめて定期テストにのぞんだ中1や、最近入塾したばかりの生徒、範囲が広くなった中2、受験生になった中3、立場は違いますが、みな全力で取り組んでいました。
さあ今度は、夏セミナーや、中3夏期特訓で次のテストに向けて準備開始だ!!

富士駅前高 向井田知之


2018年5月25日

富士・富士宮地区 1周年感謝祭実施しました!

 去る5月19日(土)、20日(日)で富士・富士宮地区の三島進学ゼミナール各校舎で「1周年感謝祭」を実施しました。内容は英語を使ったカルタ大会とスライム作りの2本立て。どの校舎も大盛り上がりでした。用意していたポップコーンや、綿菓子や少し早めのかき氷も大盛況でしたね。 ちょっとした授業や勉強も踏まえながら行いましたが、生徒たちも保護者の方々も楽しんでくれた様子でした。勉強も遊びも全力な生徒たち、見ていて嬉しくなりますね。次回のイベントも決定しています!次回は7月7日に、七夕まつりと題して理科実験教室を開催します!ぜひ遊びに来てくださいね!


2018年4月14日

成長のひけつ!!

 学校では新学年がスタートしました。みなさんも、新しい先生や友達など、環境が変わって、緊張したり、ワクワクしたりしている事と思います。4月中に早くこの新しい環境に慣れて、よい生活リズムを作っていきましょう。
 また、今年1年をしっかりと頑張っていくためには、目標を立てることがとても大事です。なんとなく過ごしていては、「努力すること」や「何かを達成すること」は、まず出来ません。しっかりと目標を立てて、それを達成するために「何をしていくのか」、「何をがんばるのか」を考えていくことが大切です。
 また、
 ■学校のテストで10番以内に入る。
  そのために毎日2時間勉強する。
 ■苦手な英語のテストで90点以上を取る。
  そのために毎日単語を10個覚える。
 など、このように数字などを使って、目標は、出来るだけ具体的に考えていきましょう。
 富士駅前校では生徒達が今年の具体的な目標を立てました。より良い1年にしていくために、目標達成に向けて一緒にがんばっていきましょう!!

富士駅前校 勝又秀道


2018年3月22日

高校進学おめでとう

3月15日に公立高校の合格発表がありました。富士駅前校としては開校してから初めて生徒たちを送り出しました。彼ら・彼女らの人生はまだまだこれからです。この先、様々な困難があることでしょう。しかし、三進で培った「ド根性」の精神で立ち向かっていってほしいと思います。

富士駅前校 教師一同

合格の「喜びの声」をいくつか
紹介させていただきます!
富士宮西高校合格
富士南中 松嶋柊弥さん

ぼくの三進での一番の思い出は夏休み中にあった合宿です。ずっと部活ばかりやっていたぼくは勉強を全然やってこなかったため、成績も下がる一方でした。部活を引退してどのような勉強をすればいいか悩む中で3日間の勉強合宿の話を聞きました。ぼくは、今ある差を取り戻すには、この合宿しか無いと思い参加を決意しました。合宿では、ずっと勉強していて、とてもつらかったです。しかし今考えてみると、この合宿のおかげでどんなにつらいことがあっても逃げださない自分になったと思います。これからは今までよりつらいことがたくさんあると思いますが、逃げださず自ら立ち向かってがんばっていきたいと思います。

科学技術高校合格 
富士南中 侮R晴人さん

僕は、夏休みに一番力を入れて頑張りました。毎日三進へ通うことが初めはとても大変でした。しかし、日がたつにつれて毎日5時間ぐらい勉強をすることになれてきました。この体験があったからこそ、受験前などにしっかりと勉強に向き合えたのだと思います。友達が以前、僕にある言葉を言ってくれました。それは、「未来のために今を頑張ろう」です。自分が将来就きたい職業になるには勉強を頑張らなければいけないと改めて思いました。将来、昔から僕を大切にしてくれる家族に迷惑をかけないように、立派な大人になれるように、今を精一杯頑張るしかないのだと思いました。最後まで諦めない力もつける事ができました。

富士東高校合格 
富士南中 下田楓夏さん

私は一番最初に志望校を考えた時から今までずっと変えてきませんでした。しかし、特に何でこの学校を志望したいのかはあまり考えず、勉強をただこなしていたような気がしました。でも、三進で勉強していることで周りの人の勉強への熱意が伝わってきました。すると、今まではなんとなく解いていただけの問題を、しっかりと理解したくなりました。まずは苦手な数学や理科、英語などを頑張りました。ひたすら問題を解いて、解説を見て、理解したらもう一度同じ問題をやってみるということを繰り返しました。やればやるだけどんどんできるようになりました。4月当初に比べると、今では何でもできる気がします。努力は自信に変わることが分かりました。

2018年3月13日

中1・2定期テスト結果速報


2018年3月8日

心機一転がんばろう!!

 進級・進学の季節が近づいてきましたね。生徒たちも、今から新学年になることに、期待と不安で胸がいっぱいだと思います。
三島進学ゼミナールでは、一足早く、3月から新学年の授業がスタートします。何事もスタートが肝心です。3月中に新学期へ向けての準備がしっかりと出来るかどうかで、4月以降に大きく差がつきます。好スタートが切れるように、気持ちを新たに一緒にがんばっていきましょう!!

 さて、3月から富士駅前校に新しいメンバーが加わりました。教師一同、心機一転、今まで以上に全力で生徒たちを指導していきます!!

富士駅前校 勝又秀道



左からサナスタ・英語担当:西條 友莉亜、数学・理科担当:勝又 秀道、英語・社会・国語担当 :向井田 知之